二人の女性

風俗のナンバー2を応援

風俗のお店で最も人気を誇るのはナンバー1ですが、それに次いで人気を誇るナンバー2についても男性が応援したくなる存在です。

ナンバー1を男性の支持通りに応援するのももちろん良いのですが「ナンバー2を何とかしてナンバー1にしてあげよう」という気持ちも、男性にはあります。

男性はどちらかと言えばそうして少し劣っている立場の女性を応援してあげたいという父性とも呼ぶべき感情があり、ナンバー2の女性はその父性をくすぐる要素を兼ね備えています。

ナンバー2はなかなかナンバー1に届かない存在である場合が多いのですが、男性が上手くサポートしてあげれば結果は自ずとついてきます。

以前、私が通い詰めたことがうまくいってナンバー2の風俗嬢をナンバー1にしたことがありました。それは、もしかしたら私の思い込みなのかもしれませんが、それでもそのときはとても嬉しかったですし、通い詰めた甲斐があったと性的なサービスで意外で喜びを感じることができたのです。

それにハマってくると、今度はナンバー2どころか入りたての新人を押し上げようと努力するようになったりしますが、さすがにその新人が上り詰めるのは稀です。ただ、ナンバー2ならば十分ナンバー1を狙えるポテンシャルがあると私は考えています。

コンテンツ

  • 風俗のナンバー2を応援

    風俗のお店で最も人気を誇るのはナンバー1ですが、それに次いで人気を誇るナンバー2についても男性が応援したくなる存在です。ナンバー1を男性の支持通りに応援するのももちろん良いのですが「ナンバー2を何とかしてナンバー1にし…

    more
  • 1日に2回以上風俗を利用していたエネルギッシュな友人

    普通、デリヘル、ソープ、ホテヘルなどの風俗は、1日に1回利用すれば十分です。それは、性欲の問題もありますし、金銭的な問題でも1日1回というのが基準です。しかし、若くて性欲旺盛でなおかつお金にも困らない男性だと、1日に2…

    more
  • 業種と何かを組み合わせて風俗を

    風俗店というのは、業種だけに拘っているようでは利益を上げられないと言われています。個性のない風俗店は淘汰される傾向にあり、基本的にこうした個性を持っているお店ですということを前面にアピールしなければなりません。そのため風俗店を運営する…

    more
  • 地雷ばかりの風俗店

    この世の中には、地雷と呼ばれる風俗嬢がいます。例えば写真と全く違う、プロフィールの年齢と全然違う、プロフィールと全く別人、どうみてもお母さんにしか見えない、などなど、その地雷っぷりは様々です。そういった嬢は、誰も好んで選ぶとい…

    more