二人の女性

1日に2回以上風俗を利用していたエネルギッシュな友人

普通、デリヘル、ソープ、ホテヘルなどの風俗は、1日に1回利用すれば十分です。それは、性欲の問題もありますし、金銭的な問題でも1日1回というのが基準です。

しかし、若くて性欲旺盛でなおかつお金にも困らない男性だと、1日に2回以上デリヘル、ソープ、ホテヘルなどを利用する場合があります。

若いときの私の友人がまさにそれで、一流企業に就職したのでお金がたんまりあり、なおかつ性欲も旺盛だったので、そういう風俗の利用をしていました。その友人は特定の彼女を作らずに、ずっといろいろな女性と風俗を介して遊んでいたのです。

それを知っていた私はもちろん羨ましいと思ったのですが、しだいにそれだけ女性に対して興味が尽きない友人のパワーに対して尊敬するようになりました。考えてみれば、私が1日に2回以上デリヘル、ソープ、ホテヘルなどを利用すれば、楽しさよりも疲れのほうが勝ってしまいそうな気がしたからです。

私の友人は学生時代にサッカーをしていたので小柄でしたがとてもガッチリしていましたし、体力面でも不安はなかったのだと思います。ですので、それくらいエネルギッシュでなければ1日に2回以上の風俗利用はできないのだと、私はそのとき気付いたのです。

コンテンツ

  • 風俗のナンバー2を応援

    風俗のお店で最も人気を誇るのはナンバー1ですが、それに次いで人気を誇るナンバー2についても男性が応援したくなる存在です。ナンバー1を男性の支持通りに応援するのももちろん良いのですが「ナンバー2を何とかしてナンバー1にし…

    more
  • 1日に2回以上風俗を利用していたエネルギッシュな友人

    普通、デリヘル、ソープ、ホテヘルなどの風俗は、1日に1回利用すれば十分です。それは、性欲の問題もありますし、金銭的な問題でも1日1回というのが基準です。しかし、若くて性欲旺盛でなおかつお金にも困らない男性だと、1日に2…

    more
  • 業種と何かを組み合わせて風俗を

    風俗店というのは、業種だけに拘っているようでは利益を上げられないと言われています。個性のない風俗店は淘汰される傾向にあり、基本的にこうした個性を持っているお店ですということを前面にアピールしなければなりません。そのため風俗店を運営する…

    more
  • 地雷ばかりの風俗店

    この世の中には、地雷と呼ばれる風俗嬢がいます。例えば写真と全く違う、プロフィールの年齢と全然違う、プロフィールと全く別人、どうみてもお母さんにしか見えない、などなど、その地雷っぷりは様々です。そういった嬢は、誰も好んで選ぶとい…

    more